読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇半桃花鳥’S LOKA!

露悪趣味で見栄っ張り

ブラック企業をなくす簡単な方法(続き)。労働状況・環境共有プラットフォームというアイデア。

まえの記事(たぶん誰も公言したことがないブラック企業をなくす簡単な方法。 - 暇半桃花鳥’S LOKA!)は、どうも、論点が把握しずらかったから、ちょっと他人のかんがえをだしにして、再度、考え直してみた。

 

www.bengo4.com

 

 

この意見に対して、

 

 

 

 

 「興味深かった」と。そして、「地域の市民によるモニタリング」に重点、と。

うーん、わたしが法律を知らないからアレなんだろうけど、なんで労働者自身が改善していくって、方向に話を進めないんだろう。「生活時間を取り戻すという意識に一人ひとりが」まで指摘したのに、どうして「地域の市民」なの?「個々の労働者」に焦点をあてればいいのではないか?

それに、もう「ひとりひとり意識を云々」っていう気の利いた中学生が好きそうな、毒にも薬にもならない意見を出すような段階じゃないとおもう。必要なのは、意識じゃなくて、動きではないのか?ちがうかな。たしかに、ノモスがピュシスでピュシスがノモスということもありうるが、しかし、未熟なノモスでは動きを縛ることはできない。

 

これは

himanakatoki.hateblo.jp

で書いたこととかぶっちゃうんだけど、企業の力が強い現状、労働者がネットを使って束になる、ってのが普通の思考回路だとおもう。つうかそのための労働組合なんじゃないの?法学知らないからなんともいえないんだけどさ。

あれよ、『スイミー』的にさ、束になる。

それで、今必要なのは、「ぼくが目になるよ」という『スイミー』の主人公なんじゃないかな。

 

じゃあ、労働者たちの「目」とはなんなのか。

 

労働状況・環境共有プラットフォーム、ってのはどうだろうか。

 

SNSみたいのでもいいし、食べログみたいに会社のページに個人の投稿を行う形式でもいい。

日々の労働時間や環境を共有していく。そして、給料明細書も公開する。

毛塚教授がいみじくも指摘する通り、「今の時代、『ブラック』と指摘されれば、企業は改めざるを得ない」のだから、個々の労働者が動けば、ブラック企業にはひとがあつまらず、変わらざるを得ない。

われわれが目指すのは、Natural Selectionならぬ、Proletarier Selectionではないか。

 

もちろん、「地域の市民」が、夜に電気がついているオフィスの写真を投稿し続けるといったプラットフォームの利用も効果的だろう。

だが、もっとも有効なのは、労働者が動いていくことだ。

 

もちろん、現状では、そんなふうに労働環境を公開する社員は、馘首されてしまう。

だが、報告するのがが常識になれば?

解雇などできなくなる(する意味がなくなる)。

ただ、新しい動きが常識に登録されるまでに、解雇される人々がでてきてしまう。

なら、今必要なのは、そういった声を上げた勇士たちを雇用する会社だ。

 

当今、不満がある人は自分の労働環境を公開していく﹆そして、そういった社会に不満があるひとは、ひとりひとりの労働環境を報告することを促し、また、そんなかれらの受け入れ先になる。このほうが、「ブラック企業反対!」と叫ぶよりも、よっぽど社会は変わる。

デモは大切だ。声を上げなければ変わらない。

しかし、デモじたいが目的化するのはおかしい。そして、いま、労働環境系のデモは目的になってしまったような気がする(知らないけど)。デモはあくまで手段であって、改善の方策をどんどん実行していかねばならないんじゃないか?

  

そして、労働者がネットで団結するという簡単なアイデアがある。最初はツイッターでもいいし、Facebookでもいい。ゆくゆくは、専用のサイトやアプリができたほうがいいけど(たぶん儲かるし。)。

デモをするなら、同時に、じしんの労働を公開する、若しくは、自社の情報を公開した人々を受け入れる体制をつくってもいいんじゃないかな。

 

不満があるならすべてを公開しよう。

 

まあ、現在就労してないから、こんなことがいえるんですけれども。

 

労働環境共有SNS・サイト「社畜自慢」通称〈鯱マン〉の開発はよ。

 

ああ、IT、プログラミングの知識があればなあ。無知は罪ですね。

どうしようもない。